W不倫の恋愛

W不倫の恋愛は、大いなる罪。発覚すれば、双方の家族の人生まで破壊します。危険に見合う価値はあるのか、既婚者が恋愛するには不倫以外に道はないのか、愛憎と背徳の渦中で冷静さを保てるのかを考えます。

尊敬に値しない夫

 夫唱婦随という四字熟語は、ひどく時代遅れな言葉だと感じられるかもしれません。男女同権(これも死語に近いですが)の正反対で、現代の夫婦のあり方にはふさわしくないと思われがちです。
 
 この「夫唱婦随」の意味は、「夫婦の仲が非常によいこと」です。男尊女卑やモラハラ夫といった言葉とは、まるで異質な言葉だといえます。最近は、その辺が大きく誤解されている気がします。
 
 夫が言い出したことに妻が素直に従えるためには、夫は尊敬されていなくてはなりません。DVで無理やり我を通したり、モラハラで相手をやり込めて服従させるやり方では、鬱屈した想いが他に噴出します。
 
 普通の夫には、妻を犯したい気持ち、妻を守りたい気持ち、妻に甘えたい気持ちがあると思います。しかし、三番目の欲求に素直になりすぎると、妻は夫を「男」として見れなくなります。
 
 そうなると、表面上は従っているふりをするが、女としての自分が満たされない。妻がセックスを拒まず、射精出来れば一応は満足する男と違い、妻はやりきれない気持ちを募らせていくことになります。

Posted on 2012/7/24 09:31 by W | Category: 動機

お読みいただく前に

 このブログは、不倫を勧めている訳ではありません。私個人の考え方や感じ方を綴ったものであり、世間一般の通念とは異なっている箇所もあると思います。

 また、思考実験の意味合いも強く、ここに書かれた通りを実践されることは甚だ危険です。

 なので、掲載されている情報を閲覧することで生じたすべての問題、損失、損害について、当サイトは一切責任を負えません。ご自身の責任においてお読み下さいますよう、お願い申し上げます。

ブログランキング

FC2ブログランキング ブログランキング 駄文同盟 にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ PVランキング 女性向きランキング

メタ情報


QLOOKアクセス解析