W不倫の恋愛

W不倫の恋愛は、大いなる罪。発覚すれば、双方の家族の人生まで破壊します。危険に見合う価値はあるのか、既婚者が恋愛するには不倫以外に道はないのか、愛憎と背徳の渦中で冷静さを保てるのかを考えます。

恋でない不倫をするメリット

 好きな人とつき合えるなら、不倫でも構わない。そう覚悟を決めて辛い恋に耐える道を選んだら、あるいは自分自身の気は済むかもしれません。恋慕と悲嘆のバランスが吊り合うというか。
 
 しかし、不倫発覚のリスクと被害の大きさ、不倫が他人に及ぼす迷惑については、収支は決して合っていません。それらのマイナスは厳然としてそこにあり、それらがもたらすプラス要素は皆無です。
 
 加えて、瞬間的には釣り合っていると思える「愛し合っている満足」と「明日なき恋の辛さ」の天秤も、不倫期間が長くなるにつれて、徐々にマイナスがかさんでいきます。
 
 それでも不倫を続けるには、発覚のリスクを最小化しつつ、残存リスクには目をつぶり、「発覚しないことでのみ、迷惑を予防できる」という論理に一点に賭ける姿勢が必要になります。
 
 不倫が恋であるべきではないのは、リスクヘッジの観点から明らかです。セックスが目的の男性はともかく、女性が「恋でない不倫」をするメリットは無さそうに思えます。

Posted on 2012/7/30 22:17 by W | Category: 矛盾

お読みいただく前に

 このブログは、不倫を勧めている訳ではありません。私個人の考え方や感じ方を綴ったものであり、世間一般の通念とは異なっている箇所もあると思います。

 また、思考実験の意味合いも強く、ここに書かれた通りを実践されることは甚だ危険です。

 なので、掲載されている情報を閲覧することで生じたすべての問題、損失、損害について、当サイトは一切責任を負えません。ご自身の責任においてお読み下さいますよう、お願い申し上げます。

ブログランキング

FC2ブログランキング ブログランキング 駄文同盟 にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ PVランキング 女性向きランキング

メタ情報


QLOOKアクセス解析