W不倫の恋愛

W不倫の恋愛は、大いなる罪。発覚すれば、双方の家族の人生まで破壊します。危険に見合う価値はあるのか、既婚者が恋愛するには不倫以外に道はないのか、愛憎と背徳の渦中で冷静さを保てるのかを考えます。

矛盾


結婚前に性的嗜好を知る難しさ

2012/8/27 12:59 | 投稿者 W

 結婚相手が、伴侶としての自分に望んでいることは何なのか。それを結婚前に確かめておくことは、とても重要です。しかし、実際にはそれは余り行われません。
 
 理由の一つは、今がラブラブ過ぎて、そんな必要はなさそうに感じるから。もう一つは、下手な訊き方をして気まずくなりたくないから。そして、相手の回答がとんでもないものだったら困るから。
 
 それでも、ゆくゆくは親と同居してほしいとか、仕事は続けたいから協力してねだとか、子どもは伸び伸びと育てたいとかは、話題にしやすいことです。難しいのは、セックスの嗜好です。
 
 女性は、自分からそれを尋ねると「そんなにセックスに興味があるのか」とか「これまでに何人と経験してるんだ?」と思われかねないため、そこには出来るだけ触れまいとします。
 
 男性に特殊な嗜好があったとしても、結婚前にそれを出すことは少ないでしょう。やましいと感じる性的嗜好を、最愛の相手にぶつけることをためらう気持ち。それが相互理解の機会を奪うのです。

カテゴリー 矛盾

恋でない不倫をするメリット

2012/7/30 22:17 | 投稿者 W

 好きな人とつき合えるなら、不倫でも構わない。そう覚悟を決めて辛い恋に耐える道を選んだら、あるいは自分自身の気は済むかもしれません。恋慕と悲嘆のバランスが吊り合うというか。
 
 しかし、不倫発覚のリスクと被害の大きさ、不倫が他人に及ぼす迷惑については、収支は決して合っていません。それらのマイナスは厳然としてそこにあり、それらがもたらすプラス要素は皆無です。
 
 加えて、瞬間的には釣り合っていると思える「愛し合っている満足」と「明日なき恋の辛さ」の天秤も、不倫期間が長くなるにつれて、徐々にマイナスがかさんでいきます。
 
 それでも不倫を続けるには、発覚のリスクを最小化しつつ、残存リスクには目をつぶり、「発覚しないことでのみ、迷惑を予防できる」という論理に一点に賭ける姿勢が必要になります。
 
 不倫が恋であるべきではないのは、リスクヘッジの観点から明らかです。セックスが目的の男性はともかく、女性が「恋でない不倫」をするメリットは無さそうに思えます。

カテゴリー 矛盾

騙すことで買う恨み

2012/7/11 20:12 | 投稿者 W

 前節では、セフレとして誰とでもセックスする人妻が、婚外セックスしたい男の理想の不倫相手ということになる一方で、そうした女性は潜在的に危険だという結論になりました。
 
 となると、自分は実際には恋をしていないのに、しているように思わせる道しかありません。ありていに言えば、騙す訳ですね。
 
 相手が騙されたと感じる前に、次から次へとこのアプローチを繰り返していくのが、男にとっての典型的な不倫サイクルだということになります。
 
 しかし、自分の側は冷静であっても、相手の女性は恋をしているのですから、発覚のリスクは依然として高いままです。
 
 恋をしながらも、自分の感情や行動をコントロールできるほど賢明な女性なら、男が恋をしているふりなど見抜いてしまうことでしょう。つまり、そんな都合のよい人妻など存在しないことになります。
 
 そして、仮に男にとって都合のいい、まだらに賢くまだらに愚かな人妻がいたとしても、人を騙すということは恨みを買います。そして、それは他の何より危険なことです。

カテゴリー 矛盾

誰とでも寝る人妻

2012/7/11 20:11 | 投稿者 W

 個人差はあるでしょうが、男性は恋の要素を排除した不倫という概念を受け入れやすいと思います。嫌いじゃない相手となら、セックスできる男性が大半なので。
 
 何度も言いますが、不倫に恋愛感情を持ち込むと、リスクは飛躍的に高まります。冷静でいられなくなり、発覚の危険が高まります。なので、賢明な人たちは、いわゆるセフレ同士としての不倫を選ぶ筈です。
 
 前述した通り、その種の不倫を望む女性は少数派ですから、どうしても不倫がしたい男性は、二択を迫られます。つまり、恋してるふりをするか、セフレでいいという女性を探すかです。
 
 後者の条件に適う人妻がいないとは限りませんが、体の関係だけを望むということは、一定の条件を満たす男性であれば、誰でもいいと思っているということです。
 
 そういう相手とするセックスは、ぶっちゃけ病気が気になります。また、その女性の姿勢は危なっかしく、賢明な生き方とはいえないので、不倫をするに適当な相手とはいえません。

カテゴリー 矛盾

決して釣り合わない天秤

2012/7/11 9:19 | 投稿者 W

 不倫を恋にしてしまうと、辛い上に危険の度合いが跳ね上がります。だから、不倫は精神的な絆を持つべきでない。このブログでは、そう力説してきました。
 
 しかし、女性の多くは、恋心を持てない相手とセックスする事に、何の意味があるのかと感じられる筈です。女性は肉体でなく、脳でセックスをするのですから。
 
 では、男性はどうか。男というイキモノは、よほど嫌いな女でない限り抱けるものです。例え、後で酷い自己嫌悪に陥ったとしても。
 
 しかし、単に性欲を満たすだけならば、風俗という手段もあります。また、お金がないのなら、オナニーで済ませるということも可能です。
 
 性欲を満たすためだけにする不倫では、得られる利益とリスクとがまるで釣り合いが取れていないのです。それは、天秤に載せてみなくてもわかります。
 
 恋心を持ち込まないことで、不倫のリスクは確かに下がります。しかし、そうすることで不倫する意味の大半が失われるという、実に皮肉な結果になる訳です。

カテゴリー 矛盾

お読みいただく前に

 このブログは、不倫を勧めている訳ではありません。私個人の考え方や感じ方を綴ったものであり、世間一般の通念とは異なっている箇所もあると思います。

 また、思考実験の意味合いも強く、ここに書かれた通りを実践されることは甚だ危険です。

 なので、掲載されている情報を閲覧することで生じたすべての問題、損失、損害について、当サイトは一切責任を負えません。ご自身の責任においてお読み下さいますよう、お願い申し上げます。

ブログランキング

FC2ブログランキング ブログランキング 駄文同盟 にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ PVランキング 女性向きランキング

メタ情報


QLOOKアクセス解析